狭小住宅とは

皆様、こんにちは。スモールハウス代表の鈴木です。
狭小住宅専門のサイト、スモールハウスを立ち上げて13年になりますが、これまでの施工例は、延べで100棟以上に達しております。

> 狭小住宅施工実績

さて、スモールハウスにおいての狭小住宅の定義ですが、都会で狭小地(10坪~20坪)に小さな住宅を建てるという点につきます。そして、その出発点が東京で建てるということでした。

では、なぜ東京なのでしょうか。土地価格が高いという点にあります。
もし、10坪の土地でしたら、土地値を抑えて、トータルでも4,000万台で東京に自宅が持てる夢が実現するわけです。

ちょうど20年ほど前でしょうか、テレビで東京の10坪の土地で木造3階建てを建てる番組が出現しました。では、当時の狭小住宅の特徴を見ておきましょう。

  1. 東京で10坪~20坪の敷地に、小さな2階、3階建ての家を建てる。
  2. 設計は、狭小住宅の経験ある建築家にお願いする。
  3. また、工務店に関しても建築家を通じて、経験ある工務店を選ぶ。
  4. 建築本体価格は狭小住宅である点、坪単価は高いが土地を含めたトータルコストは、4,000万台で可能性あり。
  5. 設計費用もそれなりにかかる。200万~
  6. 設計から完成まで、約1年をみておく。
  7. 設計段階で、自分の夢や希望を建築家に伝えて、相談が可能。
  8. 1年後に世界で一つだけの個性的な家が狭小住宅という形で実現する。

では、具体的には、どのような事例があるのでしょうか。
その一例として、私、スモールハウス代表、鈴木の自邸「モグラハウス」をご覧ください。

スモールハウス代表の自邸「モグラハウス」

TOPICS

「未公開狭小住宅プロジェクト」江戸川区にてスタート!

「未公開狭小住宅プロジェクト」江戸川区にてスタートします!

  • 東京都江戸川区北小岩5丁目
  • 建築条件付き

敷地面積29.67㎡(8.94坪)にて、色々な選択肢が考えられます。
1例として、住宅とした場合、木造2階で延床35.19㎡(10.7坪)+テラス2.43㎡で、トータル37.62㎡(11.4坪台)、設計費と建物本体で、概算ですが2,000万前後で検討中です。

(さらに…)

狭小地(10坪~)査定・買取りキャンペーンスタート(第2弾!7月15日~7月31日まで)

狭小地(10坪~)査定・買取りキャンペーン第2弾がスタートです!
期間:7月15日~7月31日まで。

7月も中旬ですが、まだ東京は梅雨が続いております。体調にはご注意ください。
今回、10坪等の狭小地利用をご検討されている方、ぜひご連絡ください。
いつでも無料相談会を実施致します。

マスコミ取材-狭小住宅を建てる前に知っておくべきこと-建物建築に際しての10項目の注意点!! No.10

No.10 建築家選びの注意点 その10

前回に続いて工務店選びに関してですが、今回はマスコミ取材の有無、特に狭小住宅関連になります。
担当予定の工務店が今までどのようなマスコミ取材、雑誌取材を受けて掲載されてきたかも一つの手がかりになります。
例えば、センスのある工務店なら、CASA BRUTUSなどに掲載されている可能性があります。

情報収集-狭小住宅を建てる前に知っておくべきこと-建物建築に際しての10項目の注意点!! No.9

No.9 建築家選びの注意点 その9

前回に続いて工務店選びに関してですが、今回は工務店に関する情報収取についてです。
ネットにて、担当する工務店について、どんな意見・感想が掲載されているか、まず調べてみてください。
口コミなど、なんらかの情報が出ているはずです。

完成保証の有無-狭小住宅を建てる前に知っておくべきこと-建物建築に際しての10項目の注意点!! No.8

No.8 建築家選びの注意点 その8

前回に続いて工務店選びに関してですが、今回は担当工務店が住宅完成保証制度に加入しているかどうかです。
制度を利用するのは施主の判断になりますが、前提として工務店がどこかの完成保証制度に加入していることが前提になり、それも工務店の信頼を決める基準となります。

万が一の場合に備えて、完成保証をつけることも大事ですね。

狭小住宅仕事日記ブログ

施工実績

2019年08月現在施工事例数:103棟

個々の建築費(設計費を含めて)については、お問い合わせください。

最新土地情報

メディア掲載・出演情報

リクルートのフリーペーパーにて「弦巻の住宅/I邸」が紹介されました!

リクルートのフリーペーパー「東京で家を建てる」2019年3月号にて「弦巻の住宅/I邸」が登場です。
おトクに家を建てる土地の裏ワザのページにて、不整形地などの価格の安い土地にうまく建てた例としてコメントなども紹介されております。
ぜひ、ご覧ください。

東京で家を建てる

『モノマガジン情報号』の特集に「代田橋の住宅/H邸」、代表自邸「モグラハウス」が登場

本日、2月1日発売の『モノマガジン情報号 Tiny House 小さな家の、ものがたり』の特集「トキメキの狭小住宅」コーナーに「代田橋の住宅/H邸」と代表自邸の「モグラハウス」が登場しております。

設計担当は、設計工房の久保宗一氏ですが、狭小住宅の有名建築家でもあります。
皆様、ぜひ、書店にてご覧ください。

(さらに…)
朝日新聞11月24日土曜版に「変形地でもおしゃれな我が家」として、スモールハウスが登場!

皆様、こんにちは。
先日、ブログでお知らせした朝日新聞への掲載結果です。
11月24日(土)、Be on Saturday版に「変形地でもおっしゃれな我が家」というタイトルで掲載されております。

(さらに…)
「ガレージのある家vol.40」に設計工房の久保宗一氏担当の狭小ガレージハウスが掲載

明日発売の「ガレージのある家vol.40(NEKO Mook)」本:30坪以下で建てるガレージハウスにて、設計工房の久保宗一氏担当の狭小ガレージハウスが表紙に掲載されました。

特集:狭小ガレージハウスのススメが今回のテーマです。
皆様ぜひ、書店にてご覧ください。

(さらに…)
「横川の住宅」が3月17日(土)テレビ朝日「建もの探訪」に出演します

設計工房・久保宗一氏担当の木造3階、細長狭小住宅「横川の住宅」がいよいよ「渡辺篤史の建もの探訪」に出演します。3月17日(土)4:30からです。
皆様、ぜひご覧ください。

渡辺篤史の建もの探訪|テレビ朝日

お知らせ!「横川の住宅」が建もの探訪に出演決定です

皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、設計工房・久保宗一氏担当の木造3階狭小住宅「横川の住宅」が、「渡辺篤史の建もの探訪」に出演決定です。
詳細は再度お知らせ致します。ぜひご期待ください。

「井の頭の住宅/I邸」が「日本、家の列島」で紹介されました

RC造で非常にユニークな狭小住宅事例でもある「井の頭の住宅/I邸」ですが、この度フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザインをまとめた本の中で、紹介されました。
本のタイトルは「日本、家の列島」です。
皆様、書店にて、ぜひご覧ください。

(さらに…)
Lives 最新号にて「アトリエハコ建築設計事務所」が登場です!

スモールハウス登録建築家「アトリエハコ建築設計事務所」七島・佐野氏がLivesの最新号、2017年2月号 Vol.91の「挑戦する家」特集記事にて、門前仲町にある自宅兼事務所が大きく取り上げられました。

狭小住宅とも言えるビルの全面リノベーション事例ですね。
室内の空間利用が抜群のセンスです。皆様ぜひ、書店にてご覧ください。

(さらに…)
設計工房・久保宗一氏設計の建物がフジテレビ「みんなのニュース:シュザイブ」コーナーにて登場

設計工房・久保宗一氏設計の建物が、1月20日(金)フジテレビ「みんなのニュース:シュザイブ」コーナーにて登場しました。

当日は丹下健三、黒川紀章といった超有名建築家と並んで最後に出演でした。墨田区の細長狭小住宅として紹介されております。

みんなのニュース – フジテレビ

「モノマガジン」2016年5月2日号に「富士見ヶ丘の住宅/A邸」が掲載されました

5月、1回目のトピックスになります。
代表的なモノ情報誌「モノマガジン」2016年5月2日号にて、見開き1ページに渡り、「ザ・理想的な男の空間」として、ジオラマ作家でもある「富士見ヶ丘の住宅/A邸」様が取材されております。

狭小住宅とジオラマ作家の組合わせで、趣味の部屋も出現です。設計は、設計工房・久保宗一氏です。
皆様ぜひ、書店にてご覧ください。素敵な住空間ですね。

(さらに…)