施工実績

2021年07月現在施工事例数:107棟

個々の建築費(設計費を含めて)については、お問い合わせください。

狭小住宅間取り図面集

台形の敷地に建つ、台形の家

木造3階、建坪9坪

都内高台、敷地18坪に建つ木造3階の住宅。LDKを3階に配置し眺望を最大限に取り込みます。

More info

12坪の敷地に建つコンパクト住宅

木造2階、建坪7.2坪

敷地面積12坪、木造2階のコンパトな狭小住宅。リビングの吹き抜けが気持ち良さそうですね。

More info

細長敷地に建つ、明るい開放的な住宅

木造2階、建坪6坪

うなぎの寝床地に木造2F+テラス+屋上の明るい狭小住宅。特に2Fの空間設計が素敵です。

More info

タタミ、リビングの和モダン住宅

木造2階、建坪6坪

シンプルな木造3階の和モダン狭小住宅です。1階が水回りと寝室、2階はタタミリビングと吹き抜けが特徴的。

More info

店舗兼用の狭小住宅

鉄骨3階、建坪6坪

夫婦が営む小料理屋とコンパクトな間取り。1階が店舗、2階が寝室と水回り、3階にリビング・キッチンを配置。

More info

敷地11坪のコンパクト狭小住宅

木造2階、建坪6.6坪

敷地面積11坪、夫婦のためのコンパクトプラン。2階のグレーチングを通して1階まで明るいです。

More info

地下付き狭小住宅

木造2階(地下コンクリ造、建坪5坪

建ぺい率50、容積率100。前面道路が斜めに切れた地形を上手に利用。地下に寝室を作り、コンパクトに狭さを感じさせない設計ですね。

More info

夫婦のためのコンパクト狭小住宅

木造3階、建坪6坪

細長狭小地にて木造3階、夫婦のためのコンパクト狭小住宅。玄関入り、左手のらせん階段がすっきしてますね。

More info

3階吹きぬけの狭小住宅

木造3階、建坪8坪

敷地面積13坪、駐車場付きのスモールハウス。3階吹き抜けの上部から光を取り込みます。

More info

敷地8.6坪の狭小住宅

木造3階、建坪5.2坪

土地の高低差を生かした地下駐車場付き狭小住宅。1Fの広間がゆったりとした空間ですね。

More info

TOPICS

設計工房・久保宗一氏担当「葉山の住宅」が「渡辺篤史の建もの探訪」で放送されます!

7月10日(土)午前4時30分より、テレビ朝日「渡辺篤史の建もの探訪」に設計工房・久保宗一氏担当の「葉山の住宅」が登場します。
絶好の立地にて、海を望める、別荘をイメージした鉄骨造+木の雰囲気を感じられる今回は大きめの住宅になります。
ぜひ、ご覧ください。

渡辺篤史の建もの探訪|テレビ朝日

トップページ構成を更新

この度、トップページ内の「施工実績」と「狭小住宅間取り集」の掲載位置を変更しました。
より見やすくなるように上部に移動しております。どうぞよろしくお願いいたします。

狭小住宅間取り集No.25「敷地面積9坪の防火地域に建つ木造狭小住宅」

建築面積が7坪、木造2階+ロフトの細長狭小住宅になります。
防火地域ですが、木造でしたら2階+ロフトが、一番経済的ですね。
延床でも14坪台でしょうか。
1Fに水回りを2Fにリビング・ダイニングを設置して、コンパクトにまとめております。

>No.25「敷地面積9坪の防火地域に建つ木造狭小住宅」(PDF)

東京で狭小住宅を建てよう! – 新シリーズ:2回目(発想の転換その2)

6月最初のトピックスになります。
前回は東京で10坪の土地に木造3階ではなくて平屋を建てるという発想のお話でしたが、具体的にはどうなるのでしょうか。

仮に10坪の土地で、近隣商業地域として、建ぺい80、容積300の防火地域を購入したとします。
ここで普通に鉄骨で3階、延床20坪の狭小住宅を建てたら、建物本体だけで、2000万台後半になります。

しかし、木造の平屋を建て坪で8坪+ロフトで2坪=施工床で10坪、これでしたら建物本体でなんと1000万台半ばでしょうか。
超経済的ですね。

ですが、この平屋、普通の平屋ではございません。一体どんな平屋になるのでしょうか?
では、次回をご期待ください。

スモールハウスプロデュース「富士見ヶ丘の住宅」が「居心地のいい家」ベスト50に掲載されました

設計工房・久保宗一氏担当の狭小住宅「富士見ヶ丘の住宅」が、主婦の友社編『間取りと工夫で「居心地のいい家」ベスト50』に掲載されました。

LDKに庭代わりのデッキをつなげた木造2階で、もちろん2階部分のデッキの解放感が最高の住宅です。
その他にも随所に施主のこだわりが感じられて、独創的な1軒となっております。

皆様、ぜひご覧ください。

狭小住宅仕事日記ブログ

狭小住宅とは

皆様、こんにちは。スモールハウス代表の鈴木です。
狭小住宅専門のサイト、スモールハウスを立ち上げて13年になりますが、これまでの施工例は、延べで100棟以上に達しております。

> 狭小住宅施工実績

さて、スモールハウスにおいての狭小住宅の定義ですが、都会で狭小地(10坪~20坪)に小さな住宅を建てるという点につきます。そして、その出発点が東京で建てるということでした。

では、なぜ東京なのでしょうか。土地価格が高いという点にあります。
もし、10坪の土地でしたら、土地値を抑えて、トータルでも4,000万台で東京に自宅が持てる夢が実現するわけです。

ちょうど20年ほど前でしょうか、テレビで東京の10坪の土地で木造3階建てを建てる番組が出現しました。では、当時の狭小住宅の特徴を見ておきましょう。

  1. 東京で10坪~20坪の敷地に、小さな2階、3階建ての家を建てる。
  2. 設計は、狭小住宅の経験ある建築家にお願いする。
  3. また、工務店に関しても建築家を通じて、経験ある工務店を選ぶ。
  4. 建築本体価格は狭小住宅である点、坪単価は高いが土地を含めたトータルコストは、4,000万台で可能性あり。
  5. 設計費用もそれなりにかかる。200万~
  6. 設計から完成まで、約1年をみておく。
  7. 設計段階で、自分の夢や希望を建築家に伝えて、相談が可能。
  8. 1年後に世界で一つだけの個性的な家が狭小住宅という形で実現する。

では、具体的には、どのような事例があるのでしょうか。
その一例として、私、スモールハウス代表、鈴木の自邸「モグラハウス」をご覧ください。

スモールハウス代表の自邸「モグラハウス」

狭小住宅はおまかせください!!

狭小住宅とは、一般的に土地面積が10坪~20坪位の敷地に建てる住宅になります。
特にここ10年にて、マスコミのおかげで、狭小住宅という言葉自体が浸透しております。
とりわけ、東京などの都市部では地価が高いので、トータルコスト的には、価格を抑えることができるなどのメリットがあります。

スモールハウスでは過去10年の間で100棟以上の実績があります

では狭い土地、仮に10坪の敷地にどのような住宅が建つのでしょうか?
100棟以上の実績を持つスモールハウスで10坪の敷地に狭小住宅を建てるメリットを挙げてみましょう。

メリット1

東京でも土地価格を抑えることができ、その結果、建物を含めてトータルコストも抑えられます。10坪以内なら1,000万前後で見つけることもできます。

メリット2

狭小住宅専門の建築家は、まず空間を巧みに設計することができます。そこには狭い空間を感じさせない設計の妙があります。
仮に10坪の土地が第1種低層住居専用地域で、けんぺい50容積100の場所だとしても、木造2階でロフトを入れて設計することで、住居面積を増やすことが可能です。

メリット3

担当建築家の経験や体験が設計に生きてきます。以前に設計した狭小住宅で、その後施主がどんな暮らしぶりをしているのか、窓の大きさ、位置、光の角度、外壁の色合いの変化、設備の耐久性能など、さまざまな事例の積み重ねがよりよい設計につながります。

変形地、超狭小地への対応

普通は、10坪の変形地が見つかった場合、皆様はどうされますか?
大手のハウスメーカーや工務店に相談しても、おそらく回答が出てこない思います。
それほど、設計・工事に関して難しい点があるからです。
そこが狭小地専門家が必要になる由来ですね。

事例No.1

世田谷区で間口3m、奥行18mの細長狭小地が出ました。
売主は資材置き場として処分するつもりだったようですが、スモールハウスでは住宅地として検討して、その結果建物幅が2m、奥行14mの超狭小住宅が「モグラハウス」として誕生しております。

モグラハウス

スモールハウス代表の自邸「モグラハウス」

事例No.2

杉並区にて、なんと4坪の台形の超狭小地が売りに出たのです。
そこでスモーハウスが自社物件として購入。 なんと、建坪で2.6坪台、延床でもロフトを入れて7坪台の超狭小住宅かつ、超台形の住宅が誕生しております。これは、「The Keep(砦)」と命名しました。

The Keep(砦)

狭小住宅モデルハウス「The Keep(砦)」

狭小住宅を建てる上での高さ制限など、各種制限について

狭小住宅が得意なスモールハウスですが、どのようにして各種の法的制限などをクリアして、狭小住宅を建てているのでしょうか?
一般的には敷地面積が、10坪~20坪位に家を建てる場合は、建物は狭小住宅になります。

まずは考えうる建築基準法による制限に関して。

  1. 道路斜線制限に関して
  2. 北側斜線制限に関して
  3. その他の制限に関して
  4. 上記の制限をクリアする方法に関して

以上の4点に関して、概略を見ておきましょう。

道路斜線制限とは?

建物を建てる場合には、北側斜線と同様に接道する道路に対しても、建物の高さ制限が存在します。これは道路の通風とか採光を確保するための法的制限になります。
具体的には、敷地に面した道路の反対側にある境界線、かつ道路の中心線からの高さ・ここから一定の勾配で敷地に向かって引いた線が道路斜線になります。
住居系地域では、1対1.25の勾配で、商業系地域では、1対1.5の勾配で作る直角三角形の角度になります。

北側斜線制限とは?

建築基準法によると、第1種,第2種低層住居専用地域・第1種、第2種中高層住居専用地域に対して適用される。
具体的には北側の隣地境界線に一定の高さ5m、10mを取り、そこから北側斜線に勾配がスタートすることになります。
この勾配とは底辺1に対して、高さが1.25の比率となります。
この高さ制限により、北側に住む人の日当たりを確保することになり、こちら側の建物の高さが調整されることになります。

その他の制限に関して

用途地域による制限ですが、新築に際して、当該の地域がどうなるか、建ぺい率、容積率が指定されております。
例えば、防火地域では、(商業系の地域)3階建て以上の建物は、木造建ては禁止されております。構造的には、鉄骨造かRC造が原則になります。但し、木造耐火建築による例外もございますが、コスト的には、高くつきます。
これらの制限も与えられた環境をいかに保全するという観点から考えたものになります。

上記の制限をクリアする方法に関して

  • セットバックによる緩和
  • 前面道路の反対側に公園とか広場,川などがある場合の緩和措置
  • 2面道路に面している場合には、狭い道路に関しては緩和措置がとれる
  • その他、建築家において、設計デザイン上考えうる方法

高度斜線の制限に関して

都市部においては、高度斜線の制限が独自に設けられております。それは一般的には建築基準法よりも、より厳しい制限になります。

天空率による緩和に関して

天空率とは魚眼レンズで天空を同心円状に見上げた時、建物を立体的に映した範囲を除いてどれだけ空が見える割合が残るかを示したものです。
これは狭小住宅にとっては、とても有効な設計手法になります。

最新土地情報

メディア掲載・出演情報

設計工房・久保宗一氏担当「葉山の住宅」が「渡辺篤史の建もの探訪」にて放映されました!

テレビ朝日の「渡辺篤史の建もの探訪」にて、「葉山の住宅」が紹介されました。
鉄骨2階で、ガラス張りの別荘をイメージしております。

皆様、ぜひご覧ください。

バックナンバー|渡辺篤史の建もの探訪|テレビ朝日

設計工房・久保宗一氏担当「葉山の住宅」が「渡辺篤史の建もの探訪」で放送されます!

7月10日(土)午前4時30分より、テレビ朝日「渡辺篤史の建もの探訪」に設計工房・久保宗一氏担当の「葉山の住宅」が登場します。
絶好の立地にて、海を望める、別荘をイメージした鉄骨造+木の雰囲気を感じられる今回は大きめの住宅になります。
ぜひ、ご覧ください。

渡辺篤史の建もの探訪|テレビ朝日

設計工房・久保宗一氏担当「葉山の住宅」が「湘南スタイルmagazine」2021年8月号に掲載されました

設計工房・久保宗一氏担当「葉山の住宅」が「湘南スタイルmagazine」2021年 No.86 8月号に掲載されました。

葉山の海と山を望む好立地に建てられた鉄骨とガラスの住まい。
施主センスが光ます。
皆様、ぜひご覧ください。

「湘南スタイル magazine」2021年 No.86 8月号

スモールハウスプロデュース「富士見ヶ丘の住宅」が「居心地のいい家」ベスト50に掲載されました

設計工房・久保宗一氏担当の狭小住宅「富士見ヶ丘の住宅」が、主婦の友社編『間取りと工夫で「居心地のいい家」ベスト50』に掲載されました。

LDKに庭代わりのデッキをつなげた木造2階で、もちろん2階部分のデッキの解放感が最高の住宅です。
その他にも随所に施主のこだわりが感じられて、独創的な1軒となっております。

皆様、ぜひご覧ください。

設計工房・久保宗一氏がWEBサイト『コノイエ』で狭小住宅のインタビューを受けました


出典:設計工房/Arch-Planning Atelier | コノイエ https://konoie.kaitai-guide.net/sekeikobo/

設計工房・久保宗一氏が「コノイエ」というWEBサイトから、狭小住宅のインタビューを受けました!
メインは阿佐ヶ谷の4坪の土地で、建坪が2.7坪(約6畳)の超狭小住宅、砦(The keep)。
木造2階、外観からして窓がない特徴的な建物になります。

内容は以下のサイトにて、ご覧ください。

設計工房/Arch-Planning Atelier | コノイエ

設計工房・久保宗一氏の「西小岩の住宅」がWEBサイト「バイクブロス」の取材を受けました

狭小住宅に強い、設計工房・久保宗一氏の「西小岩の住宅」が2020年11月、WEBサイト「バイクブロス」の取材を受けました。
西小岩の狭小地にて、趣味と実益を兼ねた素敵なガレージライフ狭小住宅が誕生です!


【新型コロナに負けるな!ガレージライフ】狭小地であってもパーフェクトを追求する。ハーレーを収めるガレージハウスを構築 フォトTOPICS-バイクブロス

設計工房・久保宗一氏の「西小岩の住宅」が「ガレージのある家」 Vol.44に掲載されました!

設計工房、久保宗一氏の「西小岩の住宅」が「ガレージのある家」Vol.44に掲載されました!
ガレージ付き、実例3.7坪からの狭小ガレージハウスになります。(2020年4月16日発行)

設計工房・久保宗一氏担当の住宅が「ガレージのある家」Best100 Vol.6にて掲載中

狭小住宅の匠、設計工房・久保宗一氏担当の住宅が「ガレージのある家」Best100 Vol.6にて掲載中です。
smallhouseのコーナーです。
皆様、ぜひ書店にてご覧ください。

(さらに…)
スモールハウス担当の「弦巻の住宅/I邸」がリクルート雑誌にて 取り上げられました

リクルート雑誌「東京で家を建てる」2020年2月号で、特集・おトクに建てる土地の裏ワザコーナーにて、旗竿地の狭小住宅事例として取材されました。
ぜひ、ご覧ください。

(さらに…)
「モノマガジン2019年11月16日号」にて、設計工房・久保宗一氏担当の趣味人の狭小住宅が登場です

MONOマガジン2019年11月16日号にて、趣味人の「ワガママ我が家」として、設計工房・久保宗一氏担当のバイクとギターの狭小住宅が掲載されました。
ぜひ、ご覧ください。
1階がガレージで、箱庭もある木造3階のおしゃれな家です。

(さらに…)