狭小住宅とは

皆様、こんにちは。スモールハウス代表の鈴木です。
狭小住宅専門のサイト、スモールハウスを立ち上げて13年になりますが、これまでの施工例は、延べで100棟以上に達しております。

> 狭小住宅施工実績

さて、スモールハウスにおいての狭小住宅の定義ですが、都会で狭小地(10坪~20坪)に小さな住宅を建てるという点につきます。そして、その出発点が東京で建てるということでした。

では、なぜ東京なのでしょうか。土地価格が高いという点にあります。
もし、10坪の土地でしたら、土地値を抑えて、トータルでも4,000万台で東京に自宅が持てる夢が実現するわけです。

ちょうど20年ほど前でしょうか、テレビで東京の10坪の土地で木造3階建てを建てる番組が出現しました。では、当時の狭小住宅の特徴を見ておきましょう。

  1. 東京で10坪~20坪の敷地に、小さな2階、3階建ての家を建てる。
  2. 設計は、狭小住宅の経験ある建築家にお願いする。
  3. また、工務店に関しても建築家を通じて、経験ある工務店を選ぶ。
  4. 建築本体価格は狭小住宅である点、坪単価は高いが土地を含めたトータルコストは、4,000万台で可能性あり。
  5. 設計費用もそれなりにかかる。200万~
  6. 設計から完成まで、約1年をみておく。
  7. 設計段階で、自分の夢や希望を建築家に伝えて、相談が可能。
  8. 1年後に世界で一つだけの個性的な家が狭小住宅という形で実現する。

では、具体的には、どのような事例があるのでしょうか。
その一例として、私、スモールハウス代表、鈴木の自邸「モグラハウス」をご覧ください。

スモールハウス代表の自邸「モグラハウス」

狭小住宅はおまかせください!!

狭小住宅とは、一般的に土地面積が10坪~20坪位の敷地に建てる住宅になります。
特にここ10年にて、マスコミのおかげで、狭小住宅という言葉自体が浸透しております。
とりわけ、東京などの都市部では地価が高いので、トータルコスト的には、価格を抑えることができるなどのメリットがあります。

スモールハウスでは過去10年の間で100棟以上の実績があります

では狭い土地、仮に10坪の敷地にどのような住宅が建つのでしょうか?
100棟以上の実績を持つスモールハウスで10坪の敷地に狭小住宅を建てるメリットを挙げてみましょう。

メリット1

東京でも土地価格を抑えることができ、その結果、建物を含めてトータルコストも抑えられます。10坪以内なら1,000万前後で見つけることもできます。

メリット2

狭小住宅専門の建築家は、まず空間を巧みに設計することができます。そこには狭い空間を感じさせない設計の妙があります。
仮に10坪の土地が第1種低層住居専用地域で、けんぺい50容積100の場所だとしても、木造2階でロフトを入れて設計することで、住居面積を増やすことが可能です。

メリット3

担当建築家の経験や体験が設計に生きてきます。以前に設計した狭小住宅で、その後施主がどんな暮らしぶりをしているのか、窓の大きさ、位置、光の角度、外壁の色合いの変化、設備の耐久性能など、さまざまな事例の積み重ねがよりよい設計につながります。

変形地、超狭小地への対応

普通は、10坪の変形地が見つかった場合、皆様はどうされますか?
大手のハウスメーカーや工務店に相談しても、おそらく回答が出てこない思います。
それほど、設計・工事に関して難しい点があるからです。
そこが狭小地専門家が必要になる由来ですね。

事例No.1

世田谷区で間口3m、奥行18mの細長狭小地が出ました。
売主は資材置き場として処分するつもりだったようですが、スモールハウスでは住宅地として検討して、その結果建物幅が2m、奥行14mの超狭小住宅が「モグラハウス」として誕生しております。

モグラハウス

スモールハウス代表の自邸「モグラハウス」

事例No.2

杉並区にて、なんと4坪の台形の超狭小地が売りに出たのです。
そこでスモーハウスが自社物件として購入。 なんと、建坪で2.6坪台、延床でもロフトを入れて7坪台の超狭小住宅かつ、超台形の住宅が誕生しております。これは、「The Keep(砦)」と命名しました。

The Keep(砦)

狭小住宅モデルハウス「The Keep(砦)」

TOPICS

狭小住宅を東京で、ローコストで建てよう!

スモールハウスでは、過去10年以上ローコスト狭小住宅を建てておりますが、その中でもスモールハウス1200シリーズ、1400シリーズ、1600シリーズなど 木造2階、3階で設計費込にて、建築費が1,000万台半ばより、ローコストにチャレンジしております。

詳しくは、それぞれのシリーズにて内容をご確認ください。
では、ご連絡等、お待ちしております。

最新狭小住宅プロジェクト所沢にてスタート!(580万円⇒520万円へ値引き)

最新狭小住宅プロジェクト所沢にてスタートします!
  • 埼玉県所沢市狭山ヶ丘2丁目
  • 建築条件なし、自由プランにて可能です
  • 用地地域:第1種低層住居専用 60/100
敷地面積:51.15㎡(公簿)にて、素敵なプランをご覧ください。 シャープな外観、斬新でシンプルな内部デザイン、ここで土地価格:580万➡520万円へ値引きプラス建築費、設計費込でトータル価格:2,600万~、検討しております。 (さらに…)

施工実績に「阿佐ヶ谷の超狭小住宅・The Keep (砦)」を追加!

JR「阿佐ヶ谷駅」徒歩10分にて超狭小住宅・The Keep(砦)が完成致しました。
敷地面積4坪、建坪2.7坪、延面積7坪台、木造2階+ロフト・床下収納の超狭小住宅です。
施工実績104棟目になります。

敷地面積:4坪
建築面積:2.7坪
延床面積:7坪台

設計担当:設計工房 久保宗一氏
施工:株式会社ウデイプランニング

阿佐ヶ谷の超狭小住宅・The Keep (砦)

BS/TBS 土曜日午後8時54分~「ドリップスタイル~コーヒーがくれた時間~」に設計工房・久保宗一氏が2週に渡り出演!!

10月5日、12日の土曜日、BS/TBS「ドリップスタイル~コーヒーがくれた時間~」に、設計工房・久保宗一氏が2週連続で出演しました。
今回はテーマは狭小住宅。狭小住宅設計のトップランナーとして彼の思いを述べております。

事務所や現場にて、コーヒーを堪能するシーンもありました。
また、代田橋の住宅とモグラハウスがユニークな狭小住宅事例として紹介されております。

スモールハウス登録建築家、設計工房・久保宗一氏がテレビ出演決定です

BS/TBSの「ドリップスタイル~コーヒーがくれた時間~」にて、10月5日、12日(土曜日、午後8時54分~9時)2週連続で登場します。
各界のトップランナーを取材するこの番組ですが、今回のテーマは「狭小住宅の世界」。久保氏によるCoffeeTimeの癒し時間となります。
ぜひ、ご覧ください。

BS-TBS|ドリップスタイル~コーヒーがくれた時間~

狭小住宅仕事日記ブログ

施工実績

2019年12月現在施工事例数:104棟

個々の建築費(設計費を含めて)については、お問い合わせください。

最新土地情報

メディア掲載・出演情報

「モノマガジン2019年11月16日号」にて、設計工房・久保宗一氏担当の趣味人の狭小住宅が登場です

MONOマガジン2019年11月16日号にて、趣味人の「ワガママ我が家」として、設計工房・久保宗一氏担当のバイクとギターの狭小住宅が掲載されました。
ぜひ、ご覧ください。
1階がガレージで、箱庭もある木造3階のおしゃれな家です。

(さらに…)
BS/TBS 土曜日午後8時54分~「ドリップスタイル~コーヒーがくれた時間~」に設計工房・久保宗一氏が2週に渡り出演!!

10月5日、12日の土曜日、BS/TBS「ドリップスタイル~コーヒーがくれた時間~」に、設計工房・久保宗一氏が2週連続で出演しました。
今回はテーマは狭小住宅。狭小住宅設計のトップランナーとして彼の思いを述べております。

事務所や現場にて、コーヒーを堪能するシーンもありました。
また、代田橋の住宅とモグラハウスがユニークな狭小住宅事例として紹介されております。

スモールハウス物件が2軒、イギリスの出版社より狭小住宅事例もかねて選ばれております

スモールハウス登録建築家である株式会社・アナザーアパートメント 小林剛氏担当でスモールハウスがプロデュースした「三鷹の住宅/S邸」と「公園前の家」がイギリスRoutledge社より発刊された Multi-UnitHousing In Urban Cities From 1800toPresent Day にて掲載されました。

(さらに…)
リクルートのフリーペーパーにて「弦巻の住宅/I邸」が紹介されました!

リクルートのフリーペーパー「東京で家を建てる」2019年3月号にて「弦巻の住宅/I邸」が登場です。
おトクに家を建てる土地の裏ワザのページにて、不整形地などの価格の安い土地にうまく建てた例としてコメントなども紹介されております。
ぜひ、ご覧ください。

東京で家を建てる

『モノマガジン情報号』の特集に「代田橋の住宅/H邸」、代表自邸「モグラハウス」が登場

本日、2月1日発売の『モノマガジン情報号 Tiny House 小さな家の、ものがたり』の特集「トキメキの狭小住宅」コーナーに「代田橋の住宅/H邸」と代表自邸の「モグラハウス」が登場しております。

設計担当は、設計工房の久保宗一氏ですが、狭小住宅の有名建築家でもあります。
皆様、ぜひ、書店にてご覧ください。

(さらに…)
朝日新聞11月24日土曜版に「変形地でもおしゃれな我が家」として、スモールハウスが登場!

皆様、こんにちは。
先日、ブログでお知らせした朝日新聞への掲載結果です。
11月24日(土)、Be on Saturday版に「変形地でもおっしゃれな我が家」というタイトルで掲載されております。

(さらに…)
「ガレージのある家vol.40」に設計工房の久保宗一氏担当の狭小ガレージハウスが掲載

明日発売の「ガレージのある家vol.40(NEKO Mook)」本:30坪以下で建てるガレージハウスにて、設計工房の久保宗一氏担当の狭小ガレージハウスが表紙に掲載されました。

特集:狭小ガレージハウスのススメが今回のテーマです。
皆様ぜひ、書店にてご覧ください。

(さらに…)
「横川の住宅」が3月17日(土)テレビ朝日「建もの探訪」に出演します

設計工房・久保宗一氏担当の木造3階、細長狭小住宅「横川の住宅」がいよいよ「渡辺篤史の建もの探訪」に出演します。3月17日(土)4:30からです。
皆様、ぜひご覧ください。

渡辺篤史の建もの探訪|テレビ朝日

お知らせ!「横川の住宅」が建もの探訪に出演決定です

皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、設計工房・久保宗一氏担当の木造3階狭小住宅「横川の住宅」が、「渡辺篤史の建もの探訪」に出演決定です。
詳細は再度お知らせ致します。ぜひご期待ください。

「井の頭の住宅/I邸」が「日本、家の列島」で紹介されました

RC造で非常にユニークな狭小住宅事例でもある「井の頭の住宅/I邸」ですが、この度フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザインをまとめた本の中で、紹介されました。
本のタイトルは「日本、家の列島」です。
皆様、書店にて、ぜひご覧ください。

(さらに…)