狭小住宅のプロデュースを専門とする(有)スモールハウスの代表による狭小住宅仕事日記。
狭小住宅に関する日々の仕事内容を思いつくまま綴ります。

新規狭小住宅「阿佐ヶ谷北の住宅」地鎮祭からスタートです!

皆様、こんにちは。
新規狭小住宅「阿佐ヶ谷北の住宅」ですが、地鎮祭を迎えております。

敷地面積:10.2坪
建築面積面積:6.5坪
設計担当:設計工房 久保宗一氏

木造3階ですが、いろいろなアイデアが詰まっておりますので、次回の模型掲載が楽しみです。
とにかく10坪の敷地に可能な限りで設計の妙が見えております。

12月着工予定、完成は来年の6月を目指しております。
ぜひ、ご期待ください。

| 2021/11/22 18:34 | 狭小住宅 | この記事のURL |

狭小住宅の可能性No.5(狭小住宅の専門家について – その1)

皆様、こんにちは。11月第1回目のブログです。

さて、狭小住宅に興味があり、狭小地のめどがついたとします。では次にどうすればよいのでしょうか?

まずは、この土地でどんな建物が規模的にも予算的にも可能かという点ですね。
仮に知り合いに工務店がいたとして、そこで決めてよいでしょうか?

答えは否です。
まず、狭小住宅の専門家、経験のある建築家を探す事が第一です。

具体的にはどうやって探すのか。では、次回をご期待ください。

| 2021/11/12 14:51 | 狭小住宅 | この記事のURL |

新庄剛志氏、日本ハムファイターズ監督決定、おめでとうございます!

僕は野球が大好きです。この同じセリフですが、昨年の11月、やはり新庄剛志がプロ野球トライアウトに挑戦して、結果を出したときにブログに書きました。

その彼が、まさに昨日、日本ハムの監督に招聘されました。運命とはこういうものなのですね。これで来年、再来年に向けて、北海道が俄然、盛り上がります。
特に札幌中心ですね。

時代が彼を求めているのでしょうか。これを起点にして、日本のプロ野球界が大胆に変化することを期待しております。彼がどんなパフォーマンスをするのか、はたまたメジャーで同僚のバリーボンズを招聘するのか?興味がつきません。

とにかく、風通しの良い、ファンがわくわくする野球を見せてください。新庄の監督就任記者会見とインタビューが今から待ち遠しいです。

コロナで皆が後ろ向きになっている時、明るいニュースをありがとう、新庄!
そして頑張れ、新庄剛志!頑張れ日ハム!

僕は野球が大好きです。

| 2021/10/30 23:15 | マスコミ関連 | この記事のURL |

狭小住宅の可能性No.4(狭小地をいかにみつけるか – その4)

前回は狭小地購入に際しての決断の速さについてお知らせしましたが、今回はそれと同時に必要となる狭小地買取資金の重要性についてです。

もし目的になる土地が10坪未満としたら、通常はローン付けに時間がかかります。金融機関を探している時間もありません。

ですから、その際は土地資金だけでも普段から用意しておく必要ありですね。
概算でも現金で2,000万位は確保しておいてください。

では、次回まで。

| 2021/10/20 15:44 | 狭小住宅 | この記事のURL |

狭小住宅の可能性No.3(狭小地をいかにみつけるか – その3)

皆様、こんにちは。10月最初の投稿になります。

数年前、3年位前でしょうか、大手の不動産サイトを見ていると、都心から近距離で7坪とか8坪台の狭小地が2,000万台後半とかで、それなりに出ておりましたが、最近では10坪未満の狭小地がほぼ出ていないようです。
となると、新規に10坪未満の土地が出たら、普段から動ける体制を取る必要がありそうです。

いかに土地を見つけるかより、いかに素早く結論を出すかが大事になってくると思われますが、いかかでしょうか。
では、次回まで。

| 2021/10/06 14:32 | 狭小住宅 | この記事のURL |
ページトップへ