スモールハウスプロデュース「富士見ヶ丘の住宅」が「居心地のいい家」ベスト50に掲載されました

設計工房・久保宗一氏担当の狭小住宅「富士見ヶ丘の住宅」が、主婦の友社編『間取りと工夫で「居心地のいい家」ベスト50』に掲載されました。

LDKに庭代わりのデッキをつなげた木造2階で、もちろん2階部分のデッキの解放感が最高の住宅です。
その他にも随所に施主のこだわりが感じられて、独創的な1軒となっております。

皆様、ぜひご覧ください。

設計工房・久保宗一氏がWEBサイト『コノイエ』で狭小住宅のインタビューを受けました


出典:設計工房/Arch-Planning Atelier | コノイエ https://konoie.kaitai-guide.net/sekeikobo/

設計工房・久保宗一氏が「コノイエ」というWEBサイトから、狭小住宅のインタビューを受けました!
メインは阿佐ヶ谷の4坪の土地で、建坪が2.7坪(約6畳)の超狭小住宅、砦(The keep)。
木造2階、外観からして窓がない特徴的な建物になります。

内容は以下のサイトにて、ご覧ください。

設計工房/Arch-Planning Atelier | コノイエ

設計工房・久保宗一氏の「西小岩の住宅」がWEBサイト「バイクブロス」の取材を受けました

狭小住宅に強い、設計工房・久保宗一氏の「西小岩の住宅」が2020年11月、WEBサイト「バイクブロス」の取材を受けました。
西小岩の狭小地にて、趣味と実益を兼ねた素敵なガレージライフ狭小住宅が誕生です!


【新型コロナに負けるな!ガレージライフ】狭小地であってもパーフェクトを追求する。ハーレーを収めるガレージハウスを構築 フォトTOPICS-バイクブロス

BS/TBS 土曜日午後8時54分~「ドリップスタイル~コーヒーがくれた時間~」に設計工房・久保宗一氏が2週に渡り出演!!

10月5日、12日の土曜日、BS/TBS「ドリップスタイル~コーヒーがくれた時間~」に、設計工房・久保宗一氏が2週連続で出演しました。
今回はテーマは狭小住宅。狭小住宅設計のトップランナーとして彼の思いを述べております。

事務所や現場にて、コーヒーを堪能するシーンもありました。
また、代田橋の住宅とモグラハウスがユニークな狭小住宅事例として紹介されております。