狭小住宅間取り集No.25「敷地面積9坪の防火地域に建つ木造狭小住宅」

建築面積が7坪、木造2階+ロフトの細長狭小住宅になります。
防火地域ですが、木造でしたら2階+ロフトが、一番経済的ですね。
延床でも14坪台でしょうか。
1Fに水回りを2Fにリビング・ダイニングを設置して、コンパクトにまとめております。

>No.25「敷地面積9坪の防火地域に建つ木造狭小住宅」(PDF)

狭小住宅間取り集 No.18「台形敷地にパーキングを入れ込んだ狭小住宅」

台形の狭小地、ここでどのように駐車場を取るか、敷地形状を考えた結果の回答です。

建物本体は木造3階で、間仕切りと扉を最小限にしたローコスト狭小住宅が誕生です。
各階の空間を最大限に利用してシンプルかつ、豊かに設計しておりますね。
これぞ、狭小住宅と言えます。

>No.18「台形敷地にパーキングを入れ込んだ狭小住宅」(PDF)

狭小住宅間取り集 No.17「抜けの良い空間を持った狭小住宅」

今回の間取り集ですが、木造2階で1階はビルトイン車庫を持ち、空間の配置も寝室と水回りとコンパクト。

そして特徴的な2階。リビングとダイニングの間に2段の段差を設けて心理的には個別の空間となりますが、仕切りがない分、抜けが良い広い間取りとなります。

これぞ狭小住宅の醍醐味ですね。

>No.17「抜けの良い空間を持った狭小住宅」(PDF)